【XMの口座凍結】これやると凍結します!?対処法を徹底解説


 
XMに限らず、投資会社で度々耳にするのが
『口座凍結』ですよね。
 

特にバイナリーオプションのハイローオーストラリアは
凍結が頻繁に起きることで有名
です。
 

ただ、ハイローオーストラリアに限らず
投資会社では起こりうるリスクとして必ず存在しますので
 

今回は海外FX業者の【XM】にスポットを当てて
どのようなことをすれば凍結するのか
徹底的に解説していきたいと思います。
 

では、早速いってみましょう!
 

XMは稼ぎ過ぎると口座凍結される?

 
海外FX業者は稼ぎ過ぎると口座凍結されるという噂は
本当によく見かけます。

どこからそんな噂が立つのかわかりませんが
おそらく、不正を犯した人が
出金してもらえずに噂を立てている場合が多いのかなと思います。
 
 

では、XMはどうなのでしょうか?
 
 

まず、稼ぎ過ぎたからと言って
XMでは口座凍結されることはありません!
 

しかもXMに関しては、
今まで稼ぎ過ぎで凍結されたという噂はあがっていない
のです。
 

要は、それほど優秀な会社ってことです。
※だから臆病な日本人にも好まれているんでしょうね!
 

特に、XMはNDD方式という
顧客からの注文をそのままインターバンクに流す方式を取っています。

 

DD方式
 
 顧客の注文を一度業者内で決済するシステム
 いわゆる”ノミ業者”
 注文を操る可能性がある
  
 顧客が儲かれば、FX会社が損をし
 顧客が損をしたら、FX会社が儲かる仕組み
 
 不利なスリップページや、ストップ狩り
 約定拒否などをされる可能性がある。
 
 国内FX業者は全てDD方式

 

 

NDD方式
 
 顧客の注文をそのままインターバンクに通すシステム
 注文を操る可能性が無い
 
 顧客の儲けと会社の利益は関係ないため
 顧客にとって不利な操作をしない
 
 XMはこの方式なので透明性が高いと言える

 

 

このNDD方式のFX会社は
どこから利益を得ているかというと、「スプレッド」になるんです。
 

みんなが取引してくれる度に
スプレッドを手数料としてもらっているので
皆さんがFXでどれだけ利益を出しても関係ないんです。
 

逆を言えば、NDD方式のFX業者は手数料が利益になるので
バンバンみんなが取引をしてくれないと困る
んです。
 

さらに、そこまで稼ぐ方というのは
大きなLotで取引をする方が多いため、手数料も多くもらえることになります。

そんな稼ぎ頭の顧客を
稼ぎ過ぎだからという理由で口座凍結することは
まずありえません。
 

なので、
XMでは稼ぎ過ぎても口座凍結になることはない!
これが結論です。
 
 

じゃあ
何をしても絶対に口座凍結にならないのかというとそうでもないんです。
 

では、どんなことをしたら
XMでは口座凍結になってしまうのでしょうか?
 

XMで口座凍結になるパターン


XMで口座凍結になるパターンを解説いたします。

XMで口座凍結になるパターン
 
①XMが不正行為とみなす行為をした場合
②口座残高が無い状態で90日以上放置した場合

 

 
上記のどちらかに該当すると『口座凍結』いたします。
 

ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。
 

①XMが不正行為とみなす行為

 

1.複数口座間の両建て取引
2.他業者との両建て取引
3.不正にサーバーに負荷をかける等の接続遅延・レートエラーを利用した取引
4.他人のふりをして新規口座開設し、ボーナスを複数回受け取る行為
5.窓開け、窓埋め狙いだけの取引
6.業者間の価格乖離を利用したアービトラージ
7.AI(人工知能)を使った取引

上記の取引は全て禁止されています。
 

もう少し詳しく見ていきましょう。
 
 

複数口座間の両建て取引

XMでは複数口座をもつことが可能なのですが
Aの口座でロングをいれて、Bの口座でショートを入れる
要はこれが両建てですよね。
 
そして、どちらか大きくマイナスになってロスカットになってしまっても
反対の方が大きく利益を上げることができていると思います。
 
ロスカットになってしまった方は、ゼロカットシステムにより
顧客はマイナスにはならないのですが、XMがマイナス分を補填するので
XMの損失となってしまします。

 
会社のシステムによって不利益を与える行為は禁止となっているということです。
 
 

他業者との両建て取引

コチラは、先ほどの「複数口座間の両建て取引」と同様です。
他業者間であっても、両建て取引はだめってことです。
 
結局、XMのシステムを利用して
不利益を与える行為は、禁止となっています。
 
 

接続遅延・レートエラーを利用した取引

不正にサーバーに負荷をかけることにより
わざと接続遅延を発生させる行為は禁止されています。

接続遅延を起こすと、正しい市場価格が反映できなくなり
XM側としても不利なレートで取引をされることになります。

その為、接続遅延を起こすような行為は禁止されています。
 
 

他人のふりをして新規口座開設し、ボーナスを複数回受け取る行為

他人のふりをして、家族名義などで新規口座解説ボーナスを複数回受け取ったり
入金ボーナスを受け取る行為も禁止されています。

ボーナスシステムの悪用した取引は禁止となっています。
 
 

窓開け、窓埋め狙いだけの取引

金曜日の終値が、月曜日の相場開始時と差が出来て値が大きく開くことがあります。
これを『窓』と言うのですが、この窓ばかりを狙ったトレードは禁止されています。

平日もトレードをしていて、窓をねらう分には問題ないのですが
窓だけを狙ったトレードは禁止されているので注意が必要です。
 
 

業者間の価格乖離を利用したアービトラージ

業者間のレートの違いを利用した取引をアービトラージと言いますが
XMではこのアービトラージは禁止されています。

アービトラージを行うことで、理論上リスクなしで利益を得れる可能性があり
XMがただ、不利益を被る可能いがあるので禁止となっているみたいです。
 
 

AI(人工知能)を使った取引

AI(人口知能)を使った裁定取引も全面的に禁止されています。

AIは外部のシステムを利用したトレードになるので
サーバーなどに極端な負荷がかかり、サーバーダウンを引き起こす可能性があることから
AIなどのシステムを使った取引は禁止されています。

MT4のEA(自動売買)はOKですので
間違わないようにしてくださいね!
 
 

XMではこういった不正行為をした場合、口座凍結になります。

投資の世界で、不正行為はダメに決まってますので
口座凍結されても当たり前だと思います。

 
 

口座残高が無い状態で90日以上放置した場合

 
続いて口座凍結されるパターンの2つ目ですが
②口座残高がゼロの状態で90日以上放置した場合です。
 
 

取引をしなくなって90日経つと
まずは「口座休眠」となります。

口座休眠になると
維持費として、毎月5ドル(約500円)が自動で引かれていきます。

最終的に口座残高が0円になって
90日間放置していると、口座凍結になります。
 
 

残高が残っている状態で口座を放置してしまうと
毎月500円取られてしまうので
利用しない場合は、口座残高をゼロにしておきましょう。
 

以上2点が口座凍結されるパターンです。
 

では、口座凍結された口座に残高がある場合
出金は可能なのでしょうか?
 

凍結した口座の残高は出金できるのか?

 
口座は一度凍結されてしまうと
入金・出金・トレード、全てできなくなってしまいます。

特に禁止事項に触れた場合、
数千万円入ってようが、数億円入ってようが出金できなくなります。

ただし、口座が凍結されても
どうにか謝罪をして残高分を出金してもらったという報告もあるので

ダメもとでサポートセンターに問い合わせをしてみてください。

どうにかしてもらえる可能性はあります。
 

凍結した口座は復活できるのか?

 
口座凍結されると、口座にログインすらできなくなり
トレーダーからは何もできなくなります。

サポートセンターに連絡をいれても
XMで凍結された口座は、解除することはできないとのことです。
 

2度と凍結された口座は利用できないので
新規で作り直すしかないということです。
 

まとめ

 
今回は、XMの口座凍結についてまとめてみました。
 

これからあなたが特に気を付けてほしいのは
不正な行為をして口座凍結されないことです。
 
 
折角、FXで稼いでいても
不正行為と言うつまらないことで、お金を無くしてしまわないように
正しく海外FX業者XMを利用しましょう。
 
 
まぁ、普通に利用していたら
国内口座よりもはるかにXMは寛大なので
口座凍結されるリスクはないと思います。

 

神谷と同じ口座でトレードするならコチラ
XMの公式ページはコチラから